無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2017/03/21

プレジデントファミリーを読んで思ったこと

ご訪問ありがとうございます。

昨日プレジデントファミリーを読みました。
来年度から小学校でも英語が教科化になるということで、5年生から成績もつくようです。
まさに来年の5年生!うちの子たちからです。
すでに英語の授業は少しずつ始まっているとはいえ、今は授業というよりレクレーション的な要素が強いような気がします。

きっと最初の数年は現場の混乱もあるだろうし、英語を習っている習っていないで
かなりの差があるかと思います。

今は水泳の授業で泳げるようになることを求めていてはだめなようで、
スイミングをやっている子は授業中ひたすら泳がされ、泳げない子は
授業中水遊びのようなことをやっているらしい・・・。
泳げるようになるには、やはりスイミングスクールで習うか親が教えて泳げるように
なるしかないという状況ですが、英語もそんな感じになりそうな気がしてならないsweat02


それから、今後の入試制度で求められる力や求められる人材についても
書いてありましたが、こんな人材が果たして日本にどれだけいるんだろう??
と思ったりしてsweat01
何人かの体験談も載っていましたが、もともと経済的に裕福なこともあり
ある程度の環境と選択肢があるわけですね。
その環境に生まれて、さらに本人の素質ややる気があり、成功していっているのでは
ないかと・・・。感じました。

ぜんぜん環境が違うので、参考にならなかったといえばそうではなくて。
それは、全部あったら成功する確率は高くなる。夢も持てるし手に届く可能性も
広がりますよね。
出てくるお子さん達に共通していたのはちゃんと自分の考えを持っていて、
それを親が反対したりしていないということ。

私たちが出来る範囲で、子どもを応援するのがちょうどいいんじゃないかと
改めて思いました。
最初から「出来ないよ」とか「それは無理だよ」とか思わないで、出来る方向で考える。
私たちが諦めたり、ボーダーラインをひいてはいけませんよねcoldsweats01
わかってはいるんですけどね・・・sweat01改めて勉強になりました。
それにしてもプレジデントファミリーを読んでいたら、こんなに優秀な人も
いるのねと感心しますshine
ただ、人生は長いから。
一番大事なのは健康と生きていく気持ちの強さが大切。

息子にはオンリーワンを目指して好きなことを見つけてほしいですflair

プレジデントFamily(ファミリー)2017年04月号(2017春号:わが子の受験大激変! )

プレジデントFamily 2017年 01 月号(2017冬号:算数が1週間で得意に! )

プレジデントFamily 2016年 10 月号(2016秋号:東大生174人の小学生時代)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村